PR
PR

清水町、給与1千万円未払い 最長20年、職員6人の学歴誤り算定

[PR]

 【清水】十勝管内清水町で、町職員6人の給与計約1千万円分が未払いとなっていることが17日、町や関係者への取材で分かった。いずれも専門学校卒で、町は本来短大卒としての給与を払うべきところを誤って高卒と扱い、それぞれ本来の額より月額1万数千円少なく支給していたという。

 町によると、未払いがあった6人は23歳から40歳までの職員。同町の行政職員は大卒、短大卒、高卒の3区分で採用。6人は人事院規則により本来、短大卒に該当するという。短大卒と高卒の給与差は平均すると月額1万3千~1万5千円。未払い額は多い人で約20年分で約400万円という。町は「認識不足だった」としている。

残り:225文字/全文:511文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る