PR
PR

加森被告に懲役10カ月求刑 IR汚職事件で検察側 東京地裁で結審

[PR]

 カジノを中心とする統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、衆院議員秋元司被告(48)=収賄などの罪で起訴、組織犯罪処罰法違反容疑で再逮捕=の道内旅行費の一部を負担したとして、贈賄罪で在宅起訴された札幌市の観光会社「加森観光」の前会長加森公人被告(77)の第2回公判が17日午前、東京地裁(丹羽敏彦裁判長)で開かれた。検察側は懲役10カ月を求刑、弁護側は罰金刑にとどめるよう求めて結審した。判決は25日。

 検察側は論告で、被告には明確な贈賄の意識があったとし、旅行について「秋元議員の歓心を買って(後志管内留寿都村への)IR誘致を有利に進めるために行った至れり尽くせりの接待だ。IR整備に対する社会の信頼を失墜させた悪質な犯行だ」と指摘した。

残り:202文字/全文:527文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る