PR
PR

17日夕方から道内大雨 日本海側南部と太平洋側西部中心に

 道内は17日夕から18日にかけ、気圧の谷が近づいて大気が不安定になる影響で、日本海側南部と太平洋側西部を中心に大雨となる見通し。札幌管区気象台は土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水などに注意するよう呼びかけている。

 気象台によると、日本海側南部と太平洋側西部では、これまでの雨で地盤の緩んでいる場所があり、警戒が必要という。17日は全道的に竜巻などの激しい突風や落雷の恐れもある。

残り:84文字/全文:275文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る