PR
PR

函館西署員を停職1カ月 強制わいせつ未遂

[PR]

 【函館】渡島管内の女性に暴行を加えて脅したとして、強制わいせつ未遂の罪で函館西署交通課巡査部長谷内章憲被告(41)が起訴された事件で、道警は16日、同被告を停職1カ月の懲戒処分にした。同被告は容疑を認めており、17日付で依願退職する。

 起訴状などによると、谷内被告は7月27日夜、渡島管内の30代女性宅の敷地内で、女性の両肩をつかんで駐車中の車に押しつけ、「大声を出すと殴るぞ」と脅し、わいせつな行為をしようとしたとしている。道警は8月21日、女性につきまとったとしてストーカー規制法違反容疑でも函館地検に追送検した。

残り:221文字/全文:481文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る