PR
PR

函館でマイナンバーカードの申し込み急増 「出張申請」で混雑緩和へ

 函館市のマイナンバーカードの申し込みが急増している。本年度の交付枚数は8月末時点で7924枚と、前年度合計の6779枚をすでに超えた。カードを使ってポイントを還元する「マイナポイント」事業の利用申し込みが始まったことなどが要因とみられ、さらなる増加が見込まれる。市は、窓口の混雑防止のため、職員が市内の企業などに出向いて申請を受け付ける「出張申請」に力を入れる考えだ。

 政府はマイナンバーカードを2022年度末までにほぼ全ての国民に交付することを目指している。マイナポイント事業は取得促進策の一つで、同カードを持つ人が今年9月から来年3月までにキャッシュレス決済で買い物をすると、買い物などで使える最大5千円分のポイントが還元される仕組み。事業の利用申し込みは、7月から始まった。

残り:420文字/全文:761文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る