PR
PR

プレミアム商品券、複数人が100万円超購入 長沼 売り急ぎ一時上限撤廃 「著しく不公平」町民憤慨 町と商工会「反省点はある」

 【長沼】新型コロナウイルスの経済対策で町などが発行した割増率60%のプレミアム商品券を巡り、発売後に1世帯当たりの購入上限を一時撤廃し、複数人に1人当たり100万円以上の大量販売をしていたことが15日、分かった。上限撤廃は全町民に周知されておらず、町と同事業を担当する町商工会は北海道新聞の取材に「反省点はある」と不適切な販売方法だったことを認めた。不適切販売は、16日開会の定例町議会の一般質問でも取り上げられる予定。

 町と商工会によると、商品券は1組5千円で8千円分の使用が可能。国の地方創生臨時交付金を活用して2万2千組(総額1億7600万円相当)を用意し、1世帯当たり4組の購入上限をつけて8月30日に発売したが、2日目の31日に上限を撤廃。発売日の売却が8414組(約38%)にとどまったため、町と商工会が残りを「売れ残り」と判断し、購入上限を外すことを申し合わせたという。

【関連記事】
商品券不適切販売 町長「十分責任感じる」 長沼
1人1冊なのに… 札幌プレミアム商品券もう完売 「複数買った人いた?」
割増商品券9万セット追加 函館市コロナ対策予算第3弾 総額24億円 未来大生に5万円
道内123市町村がプレミアム商品券発行 新型コロナ経済対策

残り:624文字/全文:1152文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る