PR
PR

道産ソバ在庫、過去最大に コロナ禍で需要減 きたそらち農協は買い手探しに奔走

 【深川、幌加内】新ソバの収穫期を迎える中、取扱量全国一のきたそらち農協(本所・深川市)で殻付きソバの実(玄ソバ)の在庫が過去最大規模に膨れ上がっている。コロナ禍の影響で取引先である首都圏のそば店が相次いで閉店し、需要が激減。価格も前年の半値以下に下落した。同農協は新たな買い手探しに奔走するが、農家からは「安売りはブランド価値の低下につながる」と懸念する声も上がる。

 「取引先からは『どんなに高くても売ってほしい』と言われてきた。今年、その声はゼロだ」。同農協の斉藤基・農産課長は苦渋の表情を浮かべる。

残り:819文字/全文:1071文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る