PR
PR

官房長官、加藤氏で調整 菅新内閣 茂木、橋本氏留任へ

 自民党の菅義偉総裁は16日発足の新内閣で、官房長官に加藤勝信厚生労働相(64)を起用する方向で最終調整に入った。茂木敏充外相(64)、橋本聖子五輪相(55)、麻生太郎副総理兼財務相(79)、公明党の赤羽一嘉国土交通相(62)を再任する意向も固めた。政府・自民党関係者が15日、明らかにした。

 平沢勝栄広報本部長(75)、坂本哲志元総務副大臣(69)が初入閣の方向となり、田村憲久元厚労相(55)、上川陽子元法相(67)の再入閣や河野太郎防衛相(57)の閣内残留も浮上している。岸信夫元外務副大臣(61)の登用も取り沙汰される。

 自民党は15日午後の臨時総務会で、二階俊博幹事長(81)の続投など党四役人事を決める。総務会長に佐藤勉元総務相(68)、政調会長に下村博文選対委員長(66)、選対委員長に山口泰明組織運動本部長(71)を充てる。菅氏はその後、公明党の山口那津男代表との党首会談に臨み、連立政権樹立の合意文書に署名する。

残り:295文字/全文:710文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る