PR
PR

藤井二冠「封じ手」 初日から入札高騰 第4局は800万円超

[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)が最年少で二冠・八段昇段を達成した第61期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の「封じ手」3通のチャリティーオークションが14日始まり、入札価格がいずれも数百万円台に達するなど大きな反響があった。

 今夏の九州豪雨災害の被災地支援のため、日本将棋連盟がオークションサイト「ヤフオク!」に出品。正午の入札開始直後にそれぞれ100万円を超え、その後も値を上げ続けた。

 午後6時現在、藤井二冠が飛車を捨てて勝負に出た第4局の封じ手は800万円超、初の封じ手となった札幌の第2局が500万円。前王位の木村一基九段(47)が封じた第3局も500万円に達している。

 日本将棋連盟によるとインターネットでの競売は初めてで、同連盟渉外課は「驚いている。被災地に役立ててほしいという思いに感謝したい」と話している。

 入札は20日午後9時まで。手数料などを除いた全額を西日本新聞民生事業団に寄付する。(原田隆幸)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る