PR
PR

「新しいレバンガ見せる」 宮永HCらが札幌市役所訪問

 バスケットボールBリーグ1部(B1)レバンガ北海道の宮永雄太ヘッドコーチ(HC)と折茂武彦代表らが14日、札幌市役所に石川敏也副市長を訪ね、10月開幕の今季の健闘を誓った。

 新たに指揮を執る宮永HCは札幌市出身。市役所の表敬訪問は21年前、東海大四高(現東海大札幌高)3年で全国高校総体の準優勝に輝いて以来だといい、「しっかり強化して、新しいレバンガ北海道をお見せしたい」と抱負を語った。

 昨季で現役引退した折茂代表は「宮永HCの下、ハードな練習をしている。自分は辞めておいてよかったなと感じている」と冗談を交えて期待した。

 レバンガは19、20の両日、北海きたえーる(札幌市豊平区)で三遠とプレシーズンゲームを行ったあと、10月3日、名古屋Dとのアウェー戦で今季リーグ戦をスタートする。(木津谷学)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る