PR
PR

福岡で登山の男性死亡、遭難か 山歩き専門誌の編集長

 14日午前10時15分ごろ、福岡県糸島市の井原山(標高983メートル)で、西日本新聞社(福岡市)社員で、山歩き専門誌「季刊のぼろ」編集長の野中彰久さん(57)=福岡県春日市=が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認された。13日に登山に出掛けたまま連絡が取れず、県警などが捜索していた。目立った外傷はなく、遭難したとみられる。

 糸島署によると、野中さんは13日朝、登山のため一人で自宅を出発。下山予定時刻を過ぎても帰宅せず、妻が同日夜、警察に連絡をした。14日朝、登山者から「倒れている人がいる」と110番があり、所持品から野中さんと特定された。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る