PR
PR

耳澄ませペダル 320キロ挑む 岩見沢の小2・小山内君 全盲のハンディ乗り越え 「頑張って完走したい」

 【岩見沢】岩見沢市の全盲の小山内湊琉(かなる)君(7)=岩見沢市中央小2年=が19~22日、自転車で室蘭市から岩見沢市までの約320キロを走る「チャリチャレ2020」に出場する。伴走者と2人乗りの「タンデム自転車」にまたがり、小樽市などを経由しての3泊4日の行程に挑戦する。湊琉君は「今から楽しみ。頑張って完走したい」と意気込んでいる。

 「段差があるよ」。ハンドルとサドル、ペダルが2人分付いたタンデム自転車の後ろで、湊琉君が前に乗る父俊(すぐる)さん(40)に声を掛けられる。湊琉君は「ドンッて来るんだね」と元気に答え、ペダルをこぐ足に力を込めた。

残り:752文字/全文:1028文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る