PR
PR

占冠―トマムIC 4車線化へ 経済波及 地元に期待感

 【占冠】高速道路を運営するNEXCO東日本(東京)は今春、道東自動車道占冠インターチェンジ(IC)―トマムIC間19・9キロの4車線化に向け国土交通相の事業許可を受けた。現在は工事の準備作業を進めている。10年以上に及ぶ工事となるとみられ、地元には経済波及効果への期待感もある。

 国土交通省は昨年9月、2車線の対面通行で暫定運用している全国の高速道路約1600キロのうち、事故防止などで特に緊急度の高い122区間約880キロについて、4車線に広げる方針を決めた。道内では道東道千歳恵庭ジャンクション―千歳東ICの9キロや、夕張IC―むかわ穂別ICの13キロなど11区間の136キロが対象となっている。今後10~15年間での完成を目指すという。

残り:476文字/全文:798文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る