PR
PR

「ラリー北海道」開幕 十勝舞台の自動車レース 今年は無観客でコース非公開

 【帯広】十勝管内を走る自動車レース「ラリー北海道」(AGメンバーズスポーツクラブ北海道主催)が12日、帯広市の北愛国交流広場を拠点に始まった。今年は新型コロナウイルスの感染防止のため無観客とし、コースも非公開という静かな開幕となった。

 13日までの2日間、足寄町や陸別町、音更町のコース計107キロを走り、総合タイムを競う。19回目の今回は新型コロナ対策による渡航制限で海外選手の参加が難しく、アジア・パシフィックラリー選手権(APRC)のタイトルを返上。全日本ラリー選手権に国際大会を兼ねる形で行われ、国内から計49台が参加した。

残り:86文字/全文:353文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る