PR
PR

核のごみ調査 神恵内村商工会が要望 小樽市長「判断慎重に」

 原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査について、応募を検討している寿都町に続き、神恵内村の地元商工会が検討を求めていることが分かり、同じ後志管内での相次ぐ全国に先駆けた動きに、驚きや困惑があらためて広がった。神恵内は村長が判断している訳ではないため、管内の首長の多くは「現時点ではコメントできない」とするが、経済団体や観光業者らには風評被害を懸念する声がさらに強まった。

 「とにかくびっくりした」。小樽市の迫俊哉市長は、驚きを隠さず言った。迫市長は既に寿都町の片岡春雄町長の文献調査応募検討に「反対」の立場を明確にしているが、神恵内の新たな動きに「まずは慎重に判断してもらいたい」と戸惑いの表情を浮かべた。

残り:577文字/全文:900文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る