PR
PR

【道スポ】チャナ3戦ぶり出場 現状打破だ リーグ9戦ぶり勝利へ

 チャナティップが長いトンネルに明かりを照らす。全体練習後、居残りでシュート練習に汗を流した背番号18は「チャンスメークやゴールを決めたりするのは自分の役割」と勝利につながるプレーをイメージする。

 2日のルヴァン杯準々決勝・横浜M戦で右足内転筋の張りを訴え交代。翌日から別メニュー調整が続いた。0―2で敗れた9日のC大阪戦はベンチ外。「(0―1の)後半、相手がカウンターを狙っているから、うちがボール支配率多いけど、チャンスでなかなか点が決められなくて」と、歯がゆさを感じながら見つめた。

 2節続けてシュート数では札幌が相手を上回りながらも無得点で2連敗。練習前のミーティングでは「内容的には悪くない。こういう試合内容を続ければ間違いなく勝利が届く」と、ブレずに札幌のサッカーを貫くことを再確認した。

 自身は7月18日の敵地・仙台戦で今季初ゴールを決めたが結果は引き分け。「幸せを届けられるように頑張っていきたい」。今度こそ勝利に直結するゴールを決めてみせる。(西川薫)<道新スポーツ9月12日掲載>

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る