PR
PR

北電値下げ 14年ぶり

[PR]

 北海道電力は11日、送電網の使用料として負担する託送料金が減額されることを受け、10月1日から電気料金を値下げすると発表した。道内の標準世帯(30アンペア、月230キロワット時使用)は2円安い月額7228円となる。北電の電気料金の値下げは2006年7月以来。

 送配電事業子会社の北海道電力ネットワークが電気料金から回収してきた原発の使用済み核燃料再処理費用(1キロワット時当たり0・05円)の徴収が9月末で終わることなどで、託送料金が1キロワット時当たり0・01円の減額となる。(土屋航)

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る