PR
PR

核ごみ調査応募、請願採択の公算大 神恵内村議会 「あまりに拙速」の声も

 【神恵内】原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査について後志管内神恵内村の神恵内村商工会(上田道博会長)が村の応募検討を求めて、村議会(定数8)に提出した請願について、現時点で議長を除き、賛成が過半数となる見通しであることが11日、北海道新聞の取材で分かった。15日から3日間開かれる定例村議会で請願が採択されれば、村は応募の本格検討に入るとみられる。

  村議8人のうち4人が賛成に回る意向を示し、議長を含め3人は態度を明確にしなかった。1人は取材を申し込んだが、返答がなかった。村議の中には村民の意見も踏まえて慎重審議を求める声もあり、会期中に結論が出ない可能性も残っている。

残り:535文字/全文:844文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る