PR
PR

ヒグマ対策「根比べ」20年 滝野公園2週間ぶり再開 部分的閉園なども検討

 ヒグマ侵入で閉園していた札幌市南区の国営滝野すずらん丘陵公園が10日、2週間ぶりに営業を再開した。同公園では約20年前から侵入と対策が繰り返され、「根比べ」(道立総合研究機構)の様相に。閉園が長期化することもあり、管理者の札幌開建は今秋にも利用者アンケートを行い、部分的な閉園や閉園期間の短縮を検討する方針。

 公園では8月26日にヒグマ1頭が侵入が確認され、安全確認のため翌日から9月9日まで全面閉園していた。10日は雨の中、開園を待ちわびた家族連れが訪れた。花の撮影に年5回ほど訪れる清田区の宮村勝男さん(76)は安全対策に理解を示しつつ、「利用者でにぎわう園中心部はクマも寄ってこない。部分的な閉鎖でもいいのではないか」と話した。

残り:461文字/全文:779文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る