PR
PR

サンマ水揚げ8割減 根室・花咲港 解禁1カ月 影響、加工業にも

 【根室】道東沖サンマ漁の主力となる棒受け網漁が10日、解禁から1カ月たった。全国の水揚げ量の大半を占める根室・花咲港では前年同期の8割減と記録的不漁だった昨年を大きく下回る厳しい漁模様だ。不漁とそれに伴う浜値高騰のダブルパンチで、水産加工業をはじめ幅広い業種に影響が出始めている。札幌の店頭では旬のサンマが手頃な値段で買えず、秋の味覚を代表する大衆魚は食卓から遠のく一方だ。

 10日朝の花咲港。例年は1日数百トンの水揚げで活気づくが、この日は大型船5隻と中型船1隻の計30トンにとどまった。青森県の大型船、第65新生丸(184トン)の漁労長(48)は「魚群がソナー(水中音波探知機)に映らない。昨年より悪い」と肩を落とした。

残り:815文字/全文:1128文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る