PR
PR

経産相の反応 町に影響なし 寿都町長

[PR]

 【寿都】核のごみの最終処分場選定を巡り、梶山弘志経済産業相が第1段階の文献調査から次の概要調査に進む前に国に示す知事らの意見が反対だった場合の効力が恒久的かどうか明言を避けたことについて、後志管内寿都町の片岡春雄町長は9日、町役場で「地元が反対すれば先に進まないって約束で(国から)書面ももらっている。それ以上の仮定の話をしても何にもならない」と述べ、町の対応に影響しないとの認識を示した。

 鈴木直道知事が概要調査に進む段階で反対意見を示すとしていることに対し、片岡町長は「道は(文献調査を)止める権限は無いのだから、知事も寿都にある程度任せてほしい」とした。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る