PR
PR

JR北海道 4~6月期で219億円赤字 稼ぎ頭札幌圏で利用急下降 コロナ影響

 JR北海道は9日、2020年4~6月期の線区別収支を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で鉄道需要が減り、本業のもうけを示す営業損益は219億1900万円の赤字となった。訪日外国人客などの利用がなくなったため札幌圏の赤字が前年同期の8200万円から54億9200万円に拡大し、線区別で最大となったことが響いた。

 全体の赤字幅は前年同期から103億1千万円拡大した。鉄道利用は7月以降も回復しておらず、コロナ禍による利用者減が続けば路線見直し問題の議論にも影響しそうだ。

残り:470文字/全文:706文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る