PR
PR

登別ホップ100%の地ビール完成間近 「大きく香り強い」期待の仕込み

 【登別】初めてとなる登別産ホップ100%の地ビールの開発に、市民有志が取り組んでいる。原料となるホップの栽培を4年前に開始。3度目を迎えた今年の収穫は、地ビール製造に十分な約20キロを確保した。10月下旬にも待望の地ビールが完成する見通しだという。

 地ビールの製造を目指すのは、市や市内で地ビール工場を持つ「わかさいも本舗」(洞爺湖町)の事業者などの有志でつくる「登別産ホップ研究会」。市内で野生のホップが自生していることから「登別産ホップを使ったビールを造れるのでは」と2017年に立ち上げられた。

残り:672文字/全文:923文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る