PR
PR

<浦河 乗馬公園で会いましょう>上 練習環境求め移住者も

 「よし、行こう」。8月19日、日高管内浦河町の町立乗馬施設「浦河町乗馬公園」でポニー3頭が指導員に声を掛けられ、馬を運ぶ専用車に乗り込んだ。向かった先は浦河小(124人)の校庭。授業として全校児童が乗馬を体験し、揺れや体の温かさを確かめた。

 国内有数の馬産地の浦河町では子どもたちが馬を知る機会として、小学校4校すべてで乗馬を授業に取り入れている。

残り:895文字/全文:1070文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る