PR
PR

<旭山動物園わくわく日記>新型コロナで進む電子化 動画やキャッシュレス導入

 夏季営業を6月1日に始めて3カ月。園内では「3密」を防ぐため、電子機器を使った取り組みが進む。週末恒例の飼育員ガイドはスマートフォンを使った生中継配信に切り替え、入園券に電子チケットを導入した。新型コロナウイルスの影響で8月の来園者は前年の半分にとどまるが、こうした取り組みは新たなファンの獲得や利便性向上にもつながり、コロナ収束後の活用も期待できそうだ。

 8月30日午後1時半、園内にはスマホの画面を見つめる来園者の姿がちらほらと見えた。画面にはさる山で一緒に展示されているニホンザルとニホンイノシシが映し出され、それぞれの生態を飼育員が説明していた。

残り:554文字/全文:832文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る