PR
PR

待機児童数1万2千人過去最少 道内134人 「ゼロ」達成困難

[PR]

 厚生労働省が4日発表した認可保育所などが満員で希望しても入所できない全国の待機児童は、4月1日時点で前年同期比4333人減の1万2439人となり、調査を始めた1994年以降で最少となった。道内は18人減の134人で3年ぶりに減少した。ただ、政府が掲げる2020年度末までに全国の待機児童をゼロとする目標の達成は事実上、困難となり、加藤勝信厚労相は先送りする考えを明らかにした。同省は来年度以降の保育施設の確保に向け、年末までに新たな整備計画など具体策をまとめる方針。

 働く女性の増加に伴い、全国の保育所の申込者数は前年より約5万8千人増の約284万2千人で、過去最多となった。道内は約3100人増え、約8万7千人だった。

残り:285文字/全文:596文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る