PR
PR

北方領土返還「決してない」 メドベージェフ氏

[PR]

 【モスクワ小林宏彰】ロシアのメドベージェフ前首相(現・安全保障会議副議長)は2日、ロシアの改正憲法に「領土割譲禁止」の条項が盛り込まれたことで、日本への北方領土返還は「決して起こらない」と断言した。「ロシアは日本との平和条約締結を支持してきたが、それはロシアの領土割譲の結果としてではない」とも強調した。

 北方四島を事実上管轄するサハリン州で開かれた若者向けの愛国フォーラムにオンラインで参加して発言した。メドベージェフ氏は改正憲法の発効を受け、日ロ交渉は「あらゆる領土割譲の議論も許さないという規定を踏まえて進めなければならず、日本との対話は簡素化される」と指摘。日本政府が、ロシアによる北方領土開発などに反発していることについても「無駄なことだ」と突き放した。

残り:154文字/全文:487文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る