PR
PR

タイのホテル、国内初進出 倶知安「四季ニセコ」継承 「チャトリウム」開業

 【倶知安】ニセコ地域の後志管内倶知安町にあるホテル「四季ニセコ」は2日、タイのホテル運営会社が手掛ける「チャトリウムニセコ」としてリニューアルオープンする。同社はタイやミャンマーでリゾートを運営しており、日本進出は初めて。アジア各国からニセコ地域へ投資が続く中、東南アジアからも企業の進出が進んでいる。

 四季ニセコはリゾートの中心地・ひらふ地区で2012年に開業。長期滞在者向けに76室の各部屋に台所などを備えており、18年からは米高級ホテル大手の「ハイアット」ブランドとして営業していた。今回施設の大規模な改修はせず、ブランドのみを変更して営業する。

残り:226文字/全文:503文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る