PR
PR

秋サケ捕獲好調 千歳・インディアン水車 前季の2.7倍、水温低め遡上しやすく

 【千歳】千歳市花園の千歳川にある秋サケ(シロザケ)の捕獲施設「インディアン水車」で、今季の捕獲が本格的になってきた。7月19日に水車を設け、8月31日までに前年同期の2・7倍、1万1659匹を捕獲し、好調だ。今後の採卵へ関係者は期待を膨らませている。

 ふ化増殖を目的に親魚を捕獲している日本海さけ・ます増殖事業協会(千歳)によると、これまでに雌4888匹、雄6771匹を捕獲。例年並みの体長70センチ前後の魚体が多いという。

残り:485文字/全文:698文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る