PR
PR

ニセコのホテル「リッツ・カールトン」12月15日開業

 【ニセコ】米ホテル大手マリオットインターナショナルが運営する最高級ブランドホテル「リッツ・カールトン」が12月15日、後志管内ニセコ町に開業する。ニセコ地域で世界的にラグジュアリー(最上級)と位置づけられたホテルは1月開業のパークハイアット(同管内倶知安町)に次ぎ2件目。ブランドホテルの集積で、国際リゾートとしての認知度が一段と高まりそうだ。

 「東山ニセコビレッジ リッツ・カールトン・リザーブ」で、マレーシア企業が保有する大規模リゾート「ニセコビレッジ」では五つ目の宿泊施設となる。4階建てで、客室50室のほか、レストランやスキーレンタルショップなどがあり、冬はスキーを付けたままスキー場に出入りできる。

 「リザーブ」は世界で5カ所目で、到着前から旅行のプランづくりを手伝うなど、きめの細かい個人向けサービスが特長。既存のニセコの宿泊施設とは異なるサービスで集客を目指す。

残り:109文字/全文:498文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る