PR
PR

「いさ鉄、コロナに負けず頑張ろう」 函水高生が手作りの旗掲げ応援 活性化へ歓迎活動

 【北斗】道南いさりび鉄道(いさ鉄、函館)沿線にある函館水産高が、観光列車「ながまれ海峡号」の通過時に歓迎を意味する手作りの旗を掲げる活動に取り組んでいる。新型コロナウイルスで学校生活に影響が出ている中、「いさ鉄も私たちもコロナに負けず頑張ろう」との思いを込める。

 同校によると、全校生徒435人の3~4割が通学でいさ鉄を使う。2018年度から、いさ鉄の活性化策として同校が開発した魚の缶詰の車内販売などを行い、歓迎活動はその一環として昨年度始めた。本年度は、新型コロナのため同校が計画していた車内販売を見直すことになり、いさ鉄も観光列車の運行が延期になるなどの影響が出た。

残り:298文字/全文:585文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る