PR
PR

クラスターの教訓生かして 札幌市が事業所向け研修動画

 札幌市は介護・障害福祉サービス事業所向けに新型コロナウイルスの感染対策をまとめた研修動画を公開した。今春、クラスター(感染者集団)が発生した市内の介護老人保健施設「茨戸アカシアハイツ」で対応した医療の専門家が講師を務め、当時の経験から得た教訓などを反映させた。

 市内の高齢者施設から対応策の情報を求める声が相次いだことから、市保健福祉局が作成。厚生労働省の通知などを基に対策を整理し、クラスターが発生中の茨戸アカシアハイツで感染管理をした北海道医療大大学院の石角(いしずみ)鈴華講師(臨床看護学)が講師を務めた。

残り:306文字/全文:563文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る