PR
PR

「クラシック」記録更新、黄信号 サッポロビール 1~7月販売数量24%減

 昨年まで19年連続で売り上げを伸ばし続けている道内限定ビール「サッポロクラシック」の今年の記録更新が危ぶまれている。サッポロビール(東京)によると、1~7月の販売数量実績は前年同期比で24%減。新型コロナウイルス感染拡大による外食需要の低迷が大きく影響している。

 クラシックは同社が1985年に発売した。素材や製法にこだわった麦芽100%のビールで、2001年に前年の売り上げを上回って以来、継続して伸長。割安な第三のビールに押されて縮小するビール市場で、売り上げを伸ばし続ける数少ない存在だ。

残り:186文字/全文:434文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る