PR
PR

コロナ感染に備え「人生会議」を 日本老年医学会が提言

 新型コロナウイルスに高齢者が感染すると、周囲と十分にコミュニケーションが取れなくなる恐れがあるとして、日本老年医学会は15日までに終末期にどのような治療を受けたいのか、家族や信頼できる人とあらかじめ話し合う「アドバンス・ケア・プランニング」(ACP)を早めに行うよう呼び掛ける提言を発表した。

 ACPは、高齢化が進み多死社会を迎える中、厚生労働省が「人生会議」の愛称で以前から普及を進めている。

 学会は「最善の医療とケア」を受ける権利を保障すべきだと強調。早めに本人と家族、医療やケア従事者が話し合うよう求めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る