PR
PR

米、香港から輸出は「中国製」に 国安法制裁、貿易で同一の扱い

 【ワシントン共同】トランプ米政権は11日、香港から米国向けに輸出される製品について、9月26日以降は「中国製」と明示するよう義務付けると発表した。香港で国家安全維持法(国安法)が施行されたことを受けた制裁措置の一環。米国による香港からの輸入は中国本土からに比べると少ないが、貿易摩擦が激化する中国と香港が同一の扱いとなる。

 トランプ大統領は11月の大統領選を意識し、対中強硬姿勢を強めている。中国に課している制裁関税が香港にも適用される事態になれば、15日の米中貿易協議を控え、新たな火種となりそうだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
PR
ページの先頭へ戻る