PR
PR

井川投手に450人感嘆 美唄で関西のチームと交流戦

 【美唄】野球の北海道ベースボールリーグの美唄ブラックダイヤモンズと関西独立リーグの兵庫ブルーサンダーズの交流戦が行われた9日、美唄市営球場には約450人が観戦に訪れた。プロ野球元阪神の井川慶投手(41)が兵庫の一員として先発すると、観客の目は米大リーグでもプレーした「大物選手」の一挙手一投足にくぎ付けになった。

 井川投手はかつて兵庫に在籍した縁で出場。一回のみの登板で、振り逃げを含め4三振を奪って無失点に抑えた。「コースを付く直球やタイミングを外す変化球で、元プロの片鱗(へんりん)を見せた。もう少し見たかった」。市内の会社員佐藤貴昭さん(50)は感嘆の声を漏らした。

残り:254文字/全文:541文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る