PR
PR

日英、今月末大筋合意へ 貿易協定、来年発効目指す

 【ロンドン河相宏史】茂木敏充外相は7日、訪問先のロンドンで、英国との新たな貿易協定について、トラス英国際貿易相と2日間の交渉を終え、記者会見で「大半の分野で実質合意し、8月末までの大筋合意を目指すことで一致した」と発表した。来年1月1日の発効に向け、残る論点について作業を加速させる。

 茂木氏は「主要な論点について認識の一致に至った」と表明。「協定には投資、サービス、電子商取引の分野などで(昨年発効した)日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(日欧EPA)を超える高い水準の内容を盛り込む」と述べた。

残り:219文字/全文:470文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る