PR
PR

苫小牧に「平和の鐘」を 市民団体がデザイン募集 22年完成目指す

 道内で唯一、非核平和都市条例を定めている苫小牧市内に平和の鐘を設置しようと、市内の市民団体「ぴーすぷろじぇくと苫小牧」が活動を始めた。まずは市民から鐘のデザインを募集。市や市議会に設置を働きかけて、2022年の完成を目指す。

 活動名は「平和の鐘」プロジェクト。同団体は毎年、非核などをテーマにした「イマジンコンサート」を開催しているが、今年は新型コロナウイルスの影響で実施できないため、戦後75年の節目に代わりの企画を模索。平和を願う場所を設けようと鐘の設置を計画した。

残り:416文字/全文:652文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る