PR
PR

室蘭の功労者、私家本10作目 郷土史家・伏木さん 明治の教育者紹介

 明治時代の室蘭市で活躍した2人の教育者の足跡を記した私家本を、郷土史家の伏木晃さん(78)=八丁平=がまとめた。地元の功労者を紹介するシリーズの10作目。

 伏木さんが今回取り上げたのは、市内最古の小学校の常盤小(現みなと小)を開校した本多新(あらた)(1843~1914年)と、元室蘭小(現白蘭小)の初代校長としてアイヌ民族を受け入れた泉致廣(むねひろ)(1865~1909年)の2人。

残り:450文字/全文:644文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る