PR
PR

2歳女児、浮き輪で40分漂流 上ノ国の2キロ沖合、消防が救助

 【上ノ国】2日午後1時35分ごろ、檜山管内上ノ国町北村の海岸で「女の子が沖に流されている」と近くにいた男性から110番があった。ボートで捜索した上ノ国消防署員が約40分後、約2キロ沖合で、浮輪にしがみついている函館市内の女児(2)を見つけ、救助した。女児にけがはなかった。

 江差署によると、女児は両親や両親の友人家族らと海岸で水遊びをしていて流された。海岸は海水浴場ではなかった。

残り:49文字/全文:240文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る