PR
PR

「アイヌの考え反映せず」 札幌でウポポイ巡りシンポ

 アイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間(ウポポイ)」について考えるシンポジウムが2日、札幌市教育文化会館で開かれた。アイヌ民族や研究者らがパネリストとして登壇。会場には約70人が集まったほか動画配信も行われ、参加者は熱心に耳を傾けた。

 「アイヌ政策検討市民会議」の主催。同団体の丸山博代表、樺太アイヌ協会の田沢守会長ら4人が講演した。

残り:294文字/全文:461文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る