PR
PR

特急窓ガラスにひび 35分遅れで出発 JR函館駅

 【函館】1日午後5時45分ごろ、JR函館駅で、出発前の札幌行き特急北斗21号(7両編成)の運転台の側面ガラスに10センチ程度のひび割れがあるのを、折り返し運転のため乗り込んだ運転士が発見した。別の車両に交換して35分遅れで出発し、乗客約50人に影響が出た。JR北海道函館支社が原因を調査している。

北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る