PR
PR

大麻 札幌国税元職員ら逮捕 営利目的譲渡容疑 千株を押収

[PR]

 札幌市内のマンションで大麻を栽培、販売したなどとして、道警薬物銃器対策課などは1日までに、大麻取締法違反(営利目的譲り渡し)の疑いで、札幌市豊平区旭町7、札幌国税局元職員、無職遠藤恵介(45)と、大阪府寝屋川市上神田2、無職大崎翔太郎(22)の両容疑者を逮捕した。道警は関係先のマンションなどから大麻草計約千株を押収した。

 2人の逮捕容疑は、共謀して3月10日ごろ、旭川市の男女2人に、購入注文を受けて乾燥大麻約30グラムをレターパックで郵送し、代金数万円を受け取った疑い。

残り:510文字/全文:748文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る