PR
PR

ピーチ、釧路空港初の成田線就航 コロナ拡大に不安も

 格安航空会社(LCC)ピーチ・アビエーション(大阪府田尻町)の釧路―成田線が1日、就航する。釧路空港での新規路線開設は2018年8月のピーチ釧路―関西線以来、2年ぶり。1961年開港の同空港にとって初の成田線で、千葉や茨城など北関東から道東を訪れる観光客の増加が期待される。ただ、新型コロナウイルスの感染が都市圏を中心に再拡大し、不安も抱えている。

 ピーチの釧路―成田線は1日1往復。エアバスA320(180席)を使い、通年運航する。釧路空港では1日、ピーチの成田発釧路行きの初便の到着に合わせて就航記念式典が開かれ、北海道エアポート(千歳)や釧路市の関係者らが到着口で搭乗客を出迎える。

残り:354文字/全文:649文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る