PR
PR

花々取り囲む、アイヌ文様オブジェ 洞爺湖町が設置「文化を発信」

 【洞爺湖】町内のJR洞爺駅前と洞爺湖温泉街にある計4カ所の花壇が、アイヌ文様のオブジェで彩られている。

 白老町に民族共生象徴空間「ウポポイ」が開業するなどアイヌ文化への関心が高まる中、町がアイヌ政策推進交付金を活用して、観光振興やアイヌ文化の発信を目的に取り組んでいる。

残り:199文字/全文:335文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る