PR
PR

積水ハウス、道内3カ所に道の駅ホテル 恵庭、長沼、南富良野

[PR]

 住宅メーカー大手の積水ハウス(大阪市)と米大手ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルは2022年度中に、恵庭市と空知管内長沼町、上川管内南富良野町の3市町で「道の駅」に近接するホテルを建設する。新型コロナウイルスの感染リスクを避け、車で移動する観光客の需要を見込む。

 道の駅「花ロードえにわ」(恵庭市)、「マオイの丘公園」(長沼町)、「南ふらの」(南富良野町)それぞれの徒歩圏内に建設し、恵庭が4階建ての102室、長沼と南富良野は共に3階建ての78室を予定している。ブランドは宿泊特化型の「フェアフィールド・バイ・マリオット」で統一する。

残り:95文字/全文:369文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る