速報
PR
PR

「コロナ撲滅ほぼ不可能」 道政経懇 高田教授が講演

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)の7月例会が29日、札幌市内で開かれ、北海道大人獣共通感染症リサーチセンター(札幌)の高田礼人(あやと)教授(51)が「ウイルスの生態」と題して講演した。世界中で感染拡大する新型コロナウイルスについて高田氏は「たくさんの人が感染して免疫を獲得するまで広がり続ける」と指摘した。

 高田氏は、人にも野生動物にも感染する人獣共通のウイルスについて30年近く研究を続けており、インフルエンザとエボラ出血熱に関する研究の世界的権威の1人。

残り:275文字/全文:517文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
PR
ページの先頭へ戻る