PR
PR

室蘭北部 クマ目撃相次ぐ 7月入り急増 28日は7回

 室蘭市内で28日午前10時半ごろから午後4時すぎにかけて、クマが計7回、目撃された。現場は室蘭ゴルフ倶楽部(崎守町)や陣屋町、香川町など「蘭北」に集中している=地図。市内では7月に入り、クマの目撃が相次ぐ。これまでのところ被害はないが、市と室蘭署は警戒を呼びかけている。

 市によると、28日午前10時25分ごろ、道道室蘭インター線を車で北上していた市内在住の男性が、道路を横断するクマに遭遇した。現場は市消防署蘭北支署から200メートルほど上った地点。男性によるとクマは体長1・5~2メートルほどで、道路脇の草むらに入っていった=地図《1》。男性は「カーブを曲がったら目の前にクマがいた。大きくて本当に驚いた」と振り返る。市職員と室蘭署員が現場を調べ、午前11時半ごろ、署員が付近でクマを確認した=《2》。

残り:443文字/全文:797文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る