PR
PR

積丹コンブが餌 羊肉おいしく!? 協力隊員・皆川さんが飼育実験 9月にも販売、特産品目指す

 【積丹】積丹のコンブで羊の肉をおいしくできないか―。町の地域おこし協力隊員で肉用羊牧場の開設を目指す皆川公信さん(24)が、羊に町産コンブを与える実験に取り組んでいる。9月ごろ食肉に加工する予定で、関係者は「新たな特産品に」と期待を寄せている。

 新潟出身で昨年5月に隊員に採用された皆川さんは現在、町有の牧草地約52ヘクタールで、肉量が多いオランダ原産のテクセル種や雑種の羊9匹を飼育中。将来は町内で牧場を経営したい考え。

残り:514文字/全文:726文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
PR
ページの先頭へ戻る