PR
PR

紋別高サッカー部に新ユニホーム 元コンサ主将 河合さん寄贈

 【紋別】サッカーJリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌元主将の河合竜二さん(42)が、紋別高サッカー部にユニホーム20着をプレゼントした。オホーツク海をイメージしたデザインで、8月上旬に予定する3年生の引退試合で初めて使われる。部は新型コロナウイルスの影響でしばらく練習できなかった。主将の鎌田怜生さん(18)=3年=は「感謝の気持ちをプレーで見せたい」と力強く語る。

 河合さんは2018年シーズンを最後に引退後、クラブの運営会社コンサドーレ(札幌)でPR業務にかかわる。市と同社は17年に相互交流協定を締結。河合さんはたびたび市内のサッカー教室で指導し、紋別高サッカー部で激励したこともある。

残り:339文字/全文:639文字
全文はログインすると読めます。
ログインには、電子版会員かパスポート(無料)の申し込みが必要です。
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る